インドの子供たちに学ぶ

 6月14日(木) 3,4校時に3年生が「国際文化交流」の講義を受けました。

NPO法人「レインドロップ」北鳳満理事長に「スラム街で暮らす子どもたちの生活」というタイトルで講演していただきました。

インドのスラムで生活する子どもたちの現状や、その支援に懸命に活動されているお話の中で、生徒たちに「今の君たちの生活は世界中の子どもたちにとって当たり前ではない。とても恵まれた環境にあり、みんなにはいくらでもチャンスが有る。」ということをお話しいただきました。

続いて、インドのソーシャルワーカー、サラ・シンハさんにインドの子どもたちの教育支援について説明していただきました。

そして、スラム街の路上生活から立ち上がり、懸命に未来を切り拓こうとしている15歳のムンムンさんとスシミタさんの素晴らしいダンスの実演やクラス単位でのヨガ講座など、楽しい時間も有りました。その後3年生全員で玄関まで出て、見送りました。

3年生はその後、コンピュータルームに入り、ヒンディー語によるお礼の手紙に挑戦し、この学びを生活に生かしていくことを考えました。

 

ダンニャワード(ありがとう) 北さん、サラ先生、ムンムンさん、スシミタさん。