1年 国際理解出前講座

  12月11日(月)にカンボジアの日本語学校支援に携わる山口文代さんを講師にお招きし、カンボジアの人々の生活や歴史、文化などのお話を聞いたり、クメール語のあいさつなどを一緒に練習しました。

戦争や地雷の話を聞く中で、戦争の恐ろしさや平和の大切さなどを知ることができ、国際理解や国際協力を考える大変良い機会になりました。

(生徒の感想より)

「この授業を受けて私が感じたことは、地雷で手足が無くなったり、目が見えなくなった人がいて、多くの人が苦しんでおられるということです。」

「地雷は1コ300~1000円でできるので、そんなもので人の人生がこわれるなんて、許しがたいと思いました。」

「僕は地雷によって足や腕をなくしたりしているカンボジアの人々のために、将来お金を貯めて役に立てるようになりたいです。そして一つでも多くの地雷が無くなればいいなと思いました。」

「手がなくては字が書けないし、足がなくては走れないし、目が見えなくては何もできないから、今自分がこうして生きていられることに感謝して生きていこうと思いました。」