警報が発令された場合は,下記のような対応になります。

 

1.姫路市に大雨・洪水・暴風・暴風雪・大雪のいずれかの警報が発令中の時(全校生徒)

 ア.午前6時までに、解除または注意報になった時……平常通り

 イ.午前6時現在、発令されている時……………………自宅待機

 ウ.午前10時までに、解除または注意報になった時……午後1時よりSHR、5校時から授業

 エ.午前10時現在、発令中の時…………………………臨時休校


(過去の例)

 ●午前5時58分に警報解除。この場合は上の「ア」に該当します。

 ●午前6時03分に警報解除。この場合は上の「ウ」に該当します。

 ●午前6時以後始業時までに警報発令。 この場合は上の「イ」 と同じ扱いになります。

 

 考査中の対応

 ○中間・期末・学年末考査中は、午前10時までに解除になった時も終日臨時休業になります。

 ○休業となった日の考査は、当初の考査最終日の翌日に実施します。  

 

2.姫路市以外に上記1のいずれかの警報が発令中の時(当該地域からの通学生徒のみ)

 ア.午前中に、解除または注意報になった時………ただちに登校

 イ.正午現在、発令中の時………自宅学習(公欠扱い)

 

◆警報の情報把握

・気象庁等のホームページ

・テレビ放送等

(注)テレビ局によっては「播磨南西部に警報発令」という発表の可能性があります。その場合は「姫路市」が含まれているかどうかを、必ず確認してください。