《飾磨高校 文芸部》

 

 平成29年1月27日

飾磨高校文芸部顧問です。

更新しないまま時が過ぎてしまいましたが、活動内容をご紹介したいと思います。

 まず、6月15日(木)、16日(金)に行われた文化祭ですが、例年どおり

文芸部誌を発行し、1冊200円で販売させていただきました。 おかげさまで、

昨年よりもたくさんの方に買っていただきました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 また、2学期には、兵庫県高等学校総合文化祭に参加させていただき、

散文部門で平和夏綺が2年連続で「優良賞」、大澤舞夢が「入選」の表彰を

受けました。

 その他の活動としては、国語辞典でピックアップした3つの単語「浸潤」

「奮起」「異性」を用いて、小作品を創りました。

また、「北陸地方に住んでいる桐生洋子」の物語を創りました。

 以上のように、地味ではありますが、意欲的に活動を続けています。

 


 

平成28年4月29日

 

文芸部は現在、2年生4人で活動しています。

部員は自分たちで考えた課題に沿って、小説など主に散文を書いています。

毎週火曜日の放課後に図書室でミーティングを行い、そこで、お互いの作品

の批評をするなどして、楽しく活動しています。

また文化祭において文集を出版したり、年に一度の総合文化祭に参加して、

他校の生徒さんたちと交流したりしています。

 

 昨年度文化祭の展示の様子

 

文章を書くのが好きな人、書くことに興味がある人はもちろん、

書けないけど読むのが好きな人も大歓迎。

更には挿絵・イラストが好きな人、本の装丁に興味がある人も、

ぜひぜひ一度 文芸部をのぞいてみてください!!

 

次回の活動日は5月10日(火)です。