校訓

自主 勤勉 信愛 

 

教育目標  

  校訓「自主・勤勉・信愛」の精神を基調として、基礎・基本を身につけ、一人一人の多様な能力と
 個性の伸長を図り、自覚と責任をもってたくましく生き、地域社会に貢献する人材を育成する。

 

経営方針

 (1) 生徒一人ひとりの能力や適性に応じた指導に努め、生徒の本気を引き出し、自信をつけさせる教
  育活動を展開していく。

 (2) 部活動や体験活動の充実に努め、生徒が「したいこと」に、とことん打ち込む体験の機会を設け
  ることで、健全で強靭な心と身体の育成を図る。

 (3) キャリア教育の充実に努め、本気で生きている人に出会う機会を通して、自らの将来に対する指
  針をもつことの大切さを実感させる。

 (4) ICT教育の環境や図書室など、教育環境の充実を図る。

 (5) 教職員の資質向上に努め、家庭・地域との連携のもと、より質の高い教育活動を推進する。

 

指導の重点

 (1)  教科

 ア 生徒の興味・関心や進路等の多様性を踏まえた教育課程を編成し、生徒一人ひとりが成就感や達
  成感を味わえるような授業の充実に努める。

   イ ペアワークやグループ討議など、生徒が能動的に学習する機会を設けることで、わかりたいと思
  える授業づくりに努める。

   ウ 教科会議を充実させ、指導と評価の一体化を図り、学習効果を一層向上させる。

   エ 教員が相互の授業公開や授業研究を通じて、個々の授業力向上に努める。


(2) 道徳

 ア すべての教育活動を通して、豊かな心、人間尊重の精神と生命に対する畏敬の念、伝統と文化の
  尊重、我が国と郷土を愛する心、公共の精神などの道徳性を養う。

 イ 挨拶や清掃の励行を通して、心豊かな人材育成に努める。


(3) 総合的な学習の時間

 ア 自らの意志と責任で、自身の最適な在り方や生き方を模索する能力を育成する。

 イ 探究活動を通して、主体的に学び判断し、問題を解決する態度や能力を育成する。


(4) ホームルーム

 ア 生徒相互の理解を深めるとともに、励まし合える学級づくりを通して、自他の人格を尊重する態
  度を養う。

 イ 教員と生徒の人間的なふれあいの場として、また、生徒相互の望ましい人間関係の育成の場とし
  て、有効かつ計画的な運営に努める。

 
(5) キャリア教育(進路指導)

 ア 的確な情報の収集と提供に努め、主体的に将来の進路を展望し選択できるように支援する。

 イ 生徒一人ひとりの能力・適性に応じた進路指導に努め、目標を早期に設定させる

 ウ 日頃から生徒理解に努めるとともに、保護者との連携を密にして、進路相談を計画的に行う。

 エ 生徒が持てる力を発揮できる機会を増やすことで、自身の力を知り、また、自己を見つめる経験
  を通して、生涯学習の視点を確立させる。

 

 (6) 人権教育

 ア 様々な体験活動や交流を通して、人権尊重の意義や重要性を理解し、命の大切さ自他に対する肯
  定的な態度と「共生社会」の実現に向けて、主体的に取り組む実践力を育成する。

 イ すべての教育活動を通じて人権意識を高めることで、総合的な実践力を養う。

 

(7) 生徒指導

 ア 自校における生徒指導の在り方を全職員で共通理解に努め、心のかよう生徒指導を実践する。

 イ すべての教育活動を通して、生徒相互および教師と生徒間の信頼関係の構築と自尊感情の向上に
  努める。

 ウ 挨拶や清掃の励行、交通マナーといった規範意識の高揚に努め、社会性の育成を図る。

 エ 集団生活を通して、責任感や奉仕、連帯の精神を育てる。

 オ 家庭・地域との連携を密にし、生徒指導に対する相互関係を深める。

 カ 「いじめは絶対に許さない」という意識と環境づくりに努める。

 

(8) 生徒会活動

 ア 全校生徒による生徒会活動参加を推進し、学校の指導方針のもとで生徒の発想や考えを尊重し、
  健全にして活力のある生徒会活動を推進する。

 イ 生徒の自主的な活動を支援し、生徒会活動の活性化を促す。

 

(9) 学校行事

 ア 行事の精選に努めるとともに、個性の伸長や集団の一員として自己を活かす能力を養う。

 イ 教師と生徒、生徒相互の人間的な信頼や友情と連帯を深める。

  

(10) 校種間連携

 ア 近隣の小学校との交流授業や施設での実習等を通して、様々な場面に対応できる人間関係形成能
  力を育成する。

 イ 異年齢との交流を通して、自己の在り方や生き方を振り返る機会とする。

 ウ ホームページやオープンハイスクール等を通して、積極的に自校の情報を発信する。

 

(11) 部活動

 ア 異なる年齢集団の中で自主的な活動を経験させ、社会性を養うとともに、調和のとれた心身の発
  達と個性の伸長を図る。

 イ 効率的・計画的な活動を通して、たくましく生き抜く体力、豊かな情操と強い意志を育てる。

 

(12) その他(国際理解・健康安全指導等)

 ア 海外姉妹校との交流等を通して、自国文化及び異文化への理解を深め、国際社会に生きる人材育
  成に努める。

 イ 防災についての知識と関心を深めるとともに、自らの生命を守る能力や態度を養う。

 ウ 校種間及び関係機関との連携を充実させることで、より深い学びの機会を提供する。