健康福祉コースとは普通科でありながら、介護職員初任者研修やガイドヘルパーの資格を取得することができるコースです。

             

 

健康福祉コース活動状況

健康福祉コースの活動状況や授業風景をお届けしています。     

 福祉実習室 

飾磨高校にある福祉実習室の設備を紹介しています。

           

 

1.授業内容(教科「福祉」の専門科目)

●社会福祉基礎

 

 「ふくし」ってなんだろう。そんなことから始め、

 法制度やコミュニケーションについて学習します。

 

 

 

●介護福祉基礎

 「介護を必要とする人」を生活の観点から捉え、支援できる力を養います。

 

●生活支援技術

 

  介護技術(実技)を中心に介護を必要とする人の尊厳を保ち、安全に援助できる技術や知識を通して学びます。

 

 

 

●こころとからだの理解

 介護実践に必要な知識という観点から「こころとからだのしくみ」の知識を身に付けます。

●介護総合演習

 社会福祉の学習を通して、興味関心を持った分野について、各自で研究を行い、まとめます。

 

  2.健康福祉コースの特色ある授業

 (1)施設見学

 特別養護老人ホーム、グループホームなど福祉や介護の現場を訪れ、専門職による講義を受けたり本校にはない福祉用具の見学を行っています。

      

 

  (2)小高連携事業

   妻鹿小学校の児童と手話や防災、福祉のことについて一緒に勉強しています

   

  

 

 (3)外部講師出前授業

  口腔ケアや認知症サポーター養成講座、施設長による講義など福祉の周辺分野の専門家による授業を受けています。

      

 

 (4)ボランティア活動

  自由意志のもと、積極的に参加しています。

    

      

   

 3.取得できる資格 変更の可能性もあります)

  • 介護職員初任者研修 
  • ガイドヘルパー(視覚障害者・全身性障害者・知的障害者移動支援従業者養成課程)
  • 福祉住環境コーディネーター検定3,2
  • 食生活アドバイザー基礎、3
  • 手話技能検定4級

このような資格取得、検定合格を目指して日々努力しています。 

 

介護職員初任者研修とは、従来のヘルパー2級に該当します。

「今後の介護人材養成のあり方に関する検討会報告書」のなかで、ヘルパー研修の体系が見直され、平成25年度より、介護職員初任者研修として実施することになりました。