平成29年度 健康福祉コースの取組です。

小高連携授業

1年生 10月24日(火)

 小学生に防災と手話を教えました。わからなくて困っている小学生に合わせた教え方ができていました。またリーダーやフォロワーの役割分担もできていました。 手話や防災教育で大切になることも、高校生らしい言葉で小学生にわかりやすく伝えることができていました。

 クラス全員がそれぞれの持っている力を発揮できた時間だったと思います。

 

 

 

授業より

3年生 介護総合演習

 車いすで学校周辺を回りました。お店に入ったり、車いすで困ることは何か、自分たちにできることは何かなどを考えました。

 振り返りのなかで自分の考えをまとめ、画用紙にまとめていきました。

  

 

ボランティア活動

募金活動や近隣の施設、病院等のボランティア活動に参加しています。

 

 

認知症サポーター養成講座

平成29年6月13日(火)

 オレンジリングが付与されるこの講座。認知症についての理解を深めました。認知症によって変化したことばかりに目を向けるのでなく、その人をみること。変化があったとしても、その人の内面的な本質は変わることがありません。そんなことを学習できたようです。