7月19日(水)飾磨セミナー『新聞を活用した考える技術』講演会が実施されました!!

毎日新聞社大阪本社編集局次長の浦窪氏に来ていただき、第1学年の生徒を対象に

模擬記者会見『四季の移ろいを感じる中庭整備プロジェクトの始動』の実施や

『もしも新聞がなくなったら』についての講義を頂きました。

生徒は新聞の記事に関心を持ち、正しく聞き、正確に表現することの大切さを感じることができました!

 

 

 

午後からは第1学年~第3学年の有志で新聞の社会的価値、記事との向き合い方、新聞社の

社会へのメッセージなど様々な視点からの話をいただき、その中で生徒からの質問も出てきました!

意見交換が深まり、生徒の学びにつながりました。

 

 

 

 

 

NIE教育とはNewspaper In Educationの頭文字で、『教育に新聞を』という意味です。

飾磨高校では廊下に新聞を貼り出して、誰しもが新聞を見れるようにしています。

 

新聞によって『読み・書き』する能力の向上世の中の出来事や様々な

分野に興味・関心を持ち、視野を広げる自己表現力の発展を目指し

進路選択時にチャレンジする自信に繋げるなどの目的があります。