28年度の活動です。

この他にもボランティア活動や防災ジュニア合宿など頑張りました。

 認知症サポーター養成講座

平成28年6月7日(火)

健康福祉コース2年生が受講しました。認知症への理解を深め、どのように対応したら良いのかを学びました。

認知症になったとしても、人であることに変わりはありません。病気による変化はあったとしても、その人の内面的な本質は変わらないことを忘れずにいましょう。

 

 

妻鹿地区 ふれあい給食

平成28年8月18日(木)

健康福祉コース生9名が、妻鹿公民館で行われている「ふれいあい給食」に参加しました。

昼食後に時間をいただいて、生徒たちが考えた教養講座を行いました。テーマは「認知症とその予防について」でした。

認知症への対応方法を寸劇により示したり、予防につながるゲームと体操を行って参加者の笑顔を引き出していました。その姿は福祉や医療、教育の現場で働いている場面が想像できるほどでした。

 

 

 妻鹿地域との防災訓練

平成28年9月4日(日)

 健康福祉コースの3名が妻鹿地域との防災訓練に参加しました。避難所になっている本校を案内したり、車いすの使い方などを説明しました。普段の学びを生かすことができた時間でした。

 

リハビリセンター見学

平成28年10月4日(火)

 2年生が見学に行ってきました。学校にはない福祉用具などがありました。また専門家からの話も聞き、福祉関連職への理解をすることができました。地域リハビリテーションにについても理解することができました。

 リハビリとは、「全人間的復権」であることの授業での学びを再確認することができた時間でした。

  

特別養護老人ホーム見学

平成28年12月13、14日(火、水)

健康福祉コース1年生が見学してきました。福祉の現場に足を踏み入れることが初めてだったので緊張もありました。しかし、利用者さんへの挨拶や、人として大切なこと、介護を行う者として大切にしなければならないことなどを確認することができたようです。

 

 

卒業生の講演

平成28年12月21日(水)

本校の卒業生(平成26年度卒)が、在校生に向けて大学での学びを講演してくれました。福祉のこと防災のこと、被災地でのボランティアのことなどを講演してくれました。本校在学中に防災に関することを取組はじめた生徒の1人でした。

 

口腔ケア実習

平成29年2月7日(火)

 2年生が歯科衛生士より、口腔ケアの講義と実技を学びました。歯の大切さ、食事を摂ることの喜びなどを学ぶことができました。

 

授業より

3年生 介護総合演習

3年生最後の授業で、クッキーを作りお世話になった先生方にメッセージカードともに渡しました。

また今年も福祉カルタをつくりました。今年度は50音きちんと作りました。