中学生・高校生防災ジュニアリーダー育成合宿

 

平成25年度より参加しています。

健康福祉コース生が参加し、防災に対する意識を高め、福祉と防災でできることを考えようとしています。

平成29年度も1年生2名、2年生2名が参加します。

 

平成29年度 中学生・高校生防災ジュニアリーダー合宿 

 7月21日(金)

講義1「災害と向き合うこどもたち」

 災害を考える、支援を考える、防災学習と学力などについて講義を受けました。メモを取り、自分の考えをまとめたり、他の学校の生徒に伝えることができていました。福祉につながる部分も多々あり、それを感じ取っていました。

夕べのつどい

 昨年参加した生徒がしっかりと覚えていました。合宿中に「しおり」を持って移動することを。必要なことをメモできるように、メモを取ることの重要性を理解できていました。「しおりを持っている人」と聞かれ、本校生4人は全員、手を挙げることができていました。

 

講義2「ボランティアについて考える」

社会福祉基礎で学習した内容を、防災の視点から考えるきっかけになったと思います。

7月22日(土)

講義3「阪神・淡路大震災を語り継ぐ」

 震災を経験した3人のインタビューから、「阪神淡路大震災の教訓から、つぎに活かすことは何か。」「災害が起こったときに自分がしようと思う助け合い」について他校生と共に考えました。

ワークショップ「エプロンシアターをつくろう」

 防災について、楽しく遊びながら学べるものを他校生とともに、作成し実演しました。「福祉の授業でも作れそうだ、作りたい」そんなことを考えてくれました。

  

発表1「熊本地震活動報告」、発表2「東北ボランティア報告」

 舞子高校生徒の報告をしっかりと聞き、大きな刺激を受け自分たちもできることを探していました。

講義4「兵庫県CGハザードマップ」

 自分の住んでいる地域、自分がいる学校が災害でどんな被害がでるのかがCGでわかるサイトの紹介。そんななかで飾磨高校がどうなるのかも見せていただきました。ぜひ、みなさんも「兵庫県CGハザードマップ」を検索し、お気に入り登録をしてください。

ワークショップ2「アクションプラン作成①」

 各学校の防災についての取組を、自分の学校と比較しながら聞いていました。

ワークショップ3「アクションプラン作成②」

 自分たちの学校で、これから取り組んでいく行動計画を考えました。

 

7月23日(日)

ワークショップ4「アクションプラン発表」

 昨日考えたものを発表しました。他校の取組が、自分たちの勉強している「社会福祉基礎」の教科書に載っていました。生徒たちの考えたアクションプランが1つでも実行できるように、これから取り組んでいきたいと思います。

 

 

平成28年度防災ジュニアリーダー合宿 

平成27年度防災ジュニアリーダー合宿 

平成26年度防災ジュニアリーダー合宿 

平成25年度防災ジュニアリーダー合宿