熱い試合が繰り広げられた、車いすバスケット体験~チームWeB~

 6月3日にチームWeBの方に的形小学校に来ていただいて、子供たちは車いすバスケットボールを体験しました。

一学期にユニバーサルスポーツについて総合的な学習の時間で学習する子供たちの初めての体験です。

 

 まず日常の車いすについての話を伺い、車いすバスケット用の車いすについても教えていただきました。

  

 説明の後は待ちに待った車いすバスケットボール体験!子供たちは、ぎこちないながらもなんとかドリブルを練習しました。

  

 そしてついに1組対2組の試合が始まりました。子供たちは自分のクラスのチームを必死に応援しています。

試合に出ている子供たちは車いす同士がぶつかっても臆することなく、果敢に立ち向かっていきます。

慣れていなかった車いすの操作もだんだん慣れていき、試合を楽しんでいました。

 チームWeBの選手2名との試合では負けてしまったものの、子供たちからは、「また車いすバスケットしたい」という声が多く聞かれました。

  

 最後は学習を通して疑問に思ったことを、チームWeBの方に質問して、答えていただきました。

子供たちは満足そうでした。