◆ 趣 旨    

  ITの進歩・グローバル化・国際情勢・働き方改革等、変化が進む現代社会において、高校生が学校や地域の枠を超えて広い範囲で交流し合うことで価値観の共有を図り、「生きる力」を身につける。
 また、プレゼンテーションを通して発信力を養うとともに、自分たちが生活する各校の特色とそれを育む豊かな郷土の良さを再発見し、地域愛を深める機会とする。そして、この交流を通じて生徒会役員としてのスキルを高め、それぞれの学校における生徒会活動がより活性化し充実することを願う。

 ◆ 内 容     

 (1)各高校生徒会の取り組みについて発表する。
 (2)テーマについて意見交換をおこなう。
 (3)交流会等の場を通して、友好を深める。
 (4)開催地域の視察及び観光をおこなう。


 THE SUMMIT OF MUNICIPAL HIGH SCHOOL STUDENT COUNCIL 2019

 開催:令和元年12月14日(土),15日(日)

 会場:姫路市市民会館(1日目)
    姫路市立白鷺小中義務教育学校(2日目)


 全国各地から20校の市立高校生が集い、活発な情報や意見の交換が行われ、今回もホスト役となった姫路市立高校3校の生徒会役員にとっては大変貴重な経験となりました。

 


開会前 姫路市3校の代表 姫路市教育長挨拶 引率の先生方 初対面の緊張
甲府商業高校はネットを通じて参加

  当初は緊張した表情でしたが、すぐに打ち解け、話し合いがスタートしました。

  この後、3つの部屋に分かれて学校や生徒会活動についてプレゼンを実施しました。

  清元姫路市長もお越しになり、個々の部屋でお話しいただきました。
<2日目>

窓越し姫路城を望む、白鷺小中義務教育学校にてグループディスカッション

テーマ「10年後に住みたい街」~SDGsより~

 異なる環境で培った学びを交えながら、深い探究につながる活動が展開されました。

 またいつか、どこかで再会することを願っています。