(5月10日)2年生対象 進路講演会

 

大学入試の現状を知り、2年次から明確に志望校を決めることの大切さや今すべきことを考えさせる目的で行いました。

 近年、受験人口が減少しているにもかかわらず大学の募集定員はあまり変動しておらず、受験競争は年を追うごとに緩和してきています。大学は選ばなければ入れる時代となってきたと言えますが、本当にそれで良いのでしょうか?自分の志望する大学に向かって努力することが大切だと生徒たちに伝えました。

また、既卒生も2004年から比べると6割も減っており、現役生中心の戦いになってきたため、高校3年間でどれだけ頑張ったかが、受験の合否に現れてきます。つまり、高校2年生だから受験はまだまだ先だと勉強を疎かにしてしまうと、受験に失敗してしまいます。実際にセンター試験の8割は1,2年次の教科書から出題されるので、2年次にどれだけ頑張るかが重要であることを説明しました。

 

今は基礎学力を身につけ、苦手科目をなくす努力をする時期です。基礎がしっかりとしていなければ応用は解けません。しっかりとした土台作りをしてください。

 

 

 

 

 

日時 : 平成28年5月10日(火) 7校時

場所 : 本校 大視聴覚室

対象 : 2年生

講師 : 佐塚 智香 氏 (ベネッセコーポレーション)

内容 : ・大学入試の現状

     ・大学入試の基礎知識

     ・志望進路に近づくために今すべきこと