9月15日(火) 1年生対象 進路講演会

 

 夏休みが終わり2学期に入りましが、普段の生活をどう過ごしていますか?

1年生にとって受験とはまだまだ先のことだと考えがちです。しかし、受験というゴールは決まっていてもスタートラインは人それぞれであり、受験を意識して学習に取り組むのが早ければ早いほど合格率は上がることを説明しました。高校受験のように3年生になってからでいいやではとうてい間に合わないということです。また、すぐに控えている文理選択は今後の進路に大きく関わるものです。自分の将来について真剣に考え、そのために必要となる勉強とは何かを意識して文理の選択を行うことが大切であることを確認しました。

この時期に意識することは、「1.予習、2.授業やテスト、3.復習」のサイクルです。入試に出るのは教科書の範囲からだけであり、1,2年次に習った範囲が8割も出ます。つまり、今習っていることは今のうちに理解しておく必要があります。そのために授業を大切にして基礎を固めていくこと、定期テストや模擬試験を解き直して苦手を無くしておくことを意識させました。

その一つとしてベネッセコーポレーションのデジタルサービスを紹介したので、どんどん活用していきましょう!!

 

 

 

 

 

日時 : 平成27年9月15日(火) 7校時

場所 : 本校 大視聴覚室

対象 : 1年生 

講師 : 山田 悠貴 氏  (会社名:ベネッセ)

内容 : ・将来を見据えた勉強について

     ・模試の生かし方

     ・今、すべきこと