300511図書館所蔵和装本保存活用「虫干し展示」 

300725図書館所蔵和装本活用「名所図会(めいしょずえ)に親しむ」 

300827図書館活動「広峯神社版木で木版刷」 

301025第二回名所図会に親しむ 

 琴丘高等学校図書館所蔵「和装本」の保存・活用

 本校は大正2年(1913)4月創立、今年105歳を迎え、図書館の蔵書数は3万7千冊以上。昨年度より図書館環境整備も格段に進捗し生徒・職員の図書貸し出し冊数も激増しております。しかし本校図書館は近現代の洋装本だけでなく、江戸時代や明治大正時代に板行(木版印刷で出版)された和装本も多数所蔵しており、

①延宝元年(1673)刊北村季吟「湖月抄」全60巻(江戸中期の源氏物語注釈の集大成)、

②正徳2年(1712)刊「和漢三才図会」全81巻(江戸時代の大百科事典)、

③正徳4年(1714)刊「本草綱目」全61冊(稲生若水校訂、ちなみに金陵版本草綱目はユネスコ世界記録遺産)、

④寛政3年(1791)刊「大和名所図会」全6巻(現奈良県の観光案内書)、

⑤享和3年(1803)刊「二十四輩順拝図会」全5巻(親鸞上人ゆかり旧跡案内)、

⑥文化元年(1804)刊「播州名所巡覧図絵」全5冊(播磨の観光案内書)、

⑦天保5年(1834)刊の「大日本輿地便覧」全2冊(旧国別地図)、

⑧天保5年(1834天地二冊)・嘉永2年(1849乾坤二冊)刊「公長画譜」全4冊(紀州藩 御用絵師上田公長の画譜)、

⑨天保15年(1844)刊「古事記伝」全44冊(本居宣長の古事記注釈書 再校本)

⑩嘉永7年(1854)刊「小山林堂書画文房図録」全10冊(市河米庵収蔵中国書画・古器物)

等が多数あり、保存・活用を図るために「虫干し展示」、「くずし字講習と挿絵着彩」、「和装本理解のための木版刷」などの活動を行います。

  「東海道名所図会」巻四 石田友汀筆「富士裾野」挿絵

  本校生徒による石田友汀筆「富士裾野」挿絵の着彩

 

  本校職員による石田友汀筆「富士裾野」挿絵の着彩