(1)教育目標

  「自ら学び、心豊かにたくましく生きる香呂っ子の育成」

(2)めざす児童像     

     ○自ら学びよく考える香呂っ子(知)

     ○やさしく、思いやりのある香呂っ子(徳)

     ○心身ともにたくましい香呂っ子(体)

       五つの心を育てる

       ・素直な心・・・「はい」

       ・感謝の心・・・「ありがとう」

       ・反省の心・・・「すみません」

       ・謙虚な心・・・「おかげさま」

       ・奉仕の心・・・「私がします」

(3)めざす学校像     

          保護者・地域から愛され信頼される学校づくり

     ・より開かれた学校づくりを進める。

(情報発信、学校評価)

     ・質の高い教育を保証する。

(授業改善、資質・能力の向上)

     ・安全で安心して学べる環境づくりに努める。

(学校支援者との連携促進)

     ・地域に根ざした特色ある教育活動を推進する。

(ふるさと「香呂」を愛する心)

(4)めざす教師像

      社会の期待に応える教育観の確立

     ・「わかる授業」の創造に努め、授業力の向上をめざす。

(授業力)

       ・教育に対する強い情熱を持ち、能力を最大限に伸ばす。

(教師力)

       ・総合的な人間力を培う。(人間力)

     ・互いに励まし合い、支え合うことのできる豊かな人間関係を構築する。

(同僚性)

(5)学校経営及び指導の方針【今年度重点目標】

      (1)確かな学力の育成

         ・「わかる授業」の創造

(成就感・達成感を持たす)

     ・知識・技能の習得と思考力・判断力・表現力等の育成

(体験的な理解・繰り返し学習・言語活動の充実)

     ・個に応じた指導と学習評価の充実                      

       (指導と評価の一体化)

     ・読書活動の推進

(読書力の向上)

      (2)心をはぐくむ教育の充実

     ・自他の命を大切にし、ともに生きようとする力を高める。

(道徳教育)

     ・思いやりの心を養うとともにいじめを許さない実践力を培う。

(人権教育)

     ・「ひまわり学級」を通して共生の心をはぐくむ。

(特別支援教育)

     ・郷土の自然・文化・人とのふれあいにより豊かな感性をはぐくむ。

(環境教育)

     ・外国語活動を通して、コミュニケーション能力の育成を図る。

(国際理解教育)

    (3)健康な生活習慣の形成と運動・スポーツの実践促進

     ・生涯を通して健康で安全な生活を送ることができる資質や能力を育てる。

     ・食への関心を高め、食に関する知識と選択する力を習得させる。

     ・生涯にわたる健康づくりの基礎となる体力・運動能力の向上を図る。

    (4)心のかよう生徒指導の推進

     ・全教職員の共通理解のもと生徒指導体制の充実を図る。(同一歩調、情報の共有)

     ・基本的な生活習慣の確立と規範意識の高揚に努める。

     ・一人一人の子どもに寄り添った内面的理解に努める。

     ・家庭・地域・関係機関との連携を図る。

    (5)安全安心で美しく潤いのある教育環境づくり

     ・不審者対策及び危機管理体制の徹底を図る。(危機意識の劣化防止)

     ・学習環境の整備・充実に努める。

     ・清掃活動の充実に努める。(師弟同行)

     ・学校園等の花の手入れに努める。(花いっぱい)

    (6)校種間連携の推進と充実(保幼小連携及び小中一貫教育)

     ・相互理解に基づく滑らかな接続の実現を図る。

     ・学習指導及び生活指導等に関して、義務教育9年間を見通した一貫性のある指導を行う。

     ・小中教職員の指導観の共有化を図る。

    (7)励まし合い、支え合うことのできる職場づくり

     ・協働と創意工夫による教育活動を推進する。

     ・明るく笑顔のある人間関係を築く。

     ・心と体の健康管理に留意する。