古知小学校では、昨年度から取り組んでいる計算検定に加えて、ふだんの算数の授業改善に取り組んでいます。

子どもたちが分かる授業をめざして、様々な取り組みを行っています。

今日の授業では、2年生は、文章問題が苦手な子が多いので、かけ算の文章問題を実際に図に書いてから式を立てさせていました。

「りんごが1さらに3こずつのっているさらが、4さらあります。ぜんぶで何こでしょう」「さらが3まいあります。1さらに4こずつのっています。ぜんぶで何こでしょう」

実際に図に書いてみることで、3×4なのか4×3の違いがはっきりし、しっかり説明することができるようになりました。

3年生は、砂場で買い物袋に砂を入れ、実際に100gや500g、1kgなどを作っていきました。

遊んでいるように見えますが、実際に計ることで量感が育ち、深い学びになります。

その後の練習問題でも、しっかり理解することができていました。

これからも、より子どもたちが分かる授業をめざして取り組んでいきます。

(画像がなくてすみません)