今日は、1・2年生は姫路市立水族館と手柄山中央公園に校外学習に行きます。

幸い、今のところ雨も止んでいます。

バスが少し遅れていて心配しましたが、無事、みんなバスに乗り、出発しました。

   

今回の目的の1つは公共機関(バス・電車)の使い方やマナーをを知ることです。

一人一人でお金を持って、払ったり、切符を買ったりしました。

姫路駅前でバスを降り、山陽電車姫路駅から手柄駅まで電車に乗りました。

手柄駅から水族館まで1列で歩いて行きました。

水族館に着くと、ヌートリアのえさやりがちょうど始まっており、見学しました。

ネズミ科のヌートリアはネズミと同じように前足をうまく使って野菜を食べていました。

 

班別行動になると、それぞれが決めていた順番で見学にまわりました。

外の水槽には、ペンギンや大きな海亀がいました。 

 

1番人気は、タッチングプール。

ウニやヒトデだけでなく、泳いでいるサメやエイにも触れるのでみんな大興奮でした。

 

次に人気があったのが、ドクターフィッシュ。

「くすぐったい」と言いながら、手をつんつんしてもらいました。

 

屋内に入ると渓流で育つ生き物や磯で育つ生き物の水槽がありました。

カエルの鳴き声が響いていました。

 

手柄山遊園地の模型やモノレールもありました。

 

水族館を出て、手柄山公園でお弁当です。

班ごとに紅葉した木や滝の近くでお弁当を食べました。

「給食とお弁当、どっちがいい?」という質問には、全員が「お弁当!」と答えていました。

 

 

食べ終わった班から、近くの落ち葉で遊んでいました。

 

 楽しい時間はあっという間に過ぎ、帰る時刻です。

また、山陽電車手柄駅まで歩き、姫路駅へ。

そして、バスに乗り換え、古知小学校に帰ってきました。

心配していた雨にも降られず、無事、校外学習を終えることができました。