今日の2・3校時に、3・4年生は「自転車の安全な乗り方教室」を行いました。

姫路警察署、姫路市役所危機管理室、杉之内駐在所、姫路市交通安全協会古知支部の皆様、保護者の皆様のご協力を得て実施しました。

2校時は多目的室で、交通安全や自転車の正しい乗り方についてのお話を聞いたり、ビデオを見たりしました。

  

自転車は、軽車両で車の仲間です。

免許証はいりませんが、「道路交通法」でルールは定められています。

本来は、車道を走るべきですが、小学生は特別に歩道を走ることも許可されています。(でも、歩行者優先です)

二人乗りや並列走行、かさをさして乗ること、スマホをしながら、ヘッドホンをしながら走ることは禁止されています。

始めに、自転車に乗るときの3つの約束を確認しました。

・ヘルメットをかぶる ・体に合った自転車に乗る(足が地面に着くかどうか) ・点検をする

点検のポイントは、「ブタはしゃベル」です。

(ブ・・・ブレーキ、タ・・・タイヤ、は・・・反射板、しゃ・・・車体、ベル・・・ベル)

危険を避け、安全な運転をするポイントは、「まわりをよく見る⇒危険を予測する⇒何か起こらないか考える⇒どう動けばいいのか判断する」です。

実際に乗る時のポイントは、「左端を走る。左から乗る、左へ下りる、左足は地面に、左からブレーキ(後輪)」です。

乗る前、出発の前、下りるときには、右後ろを見ることも大切です。

自転車の事故の原因で多いのは、1 スピードの出しすぎ、2 前を見ていない、ことだそうです。

次に、「あの時、ボクは自転車で…」というビデオを見ました。 

ルールをいいかげんに考えていた主人公の小学生が、最後には事故を起こしてしまい、加害者として相手の方だけでなく自分の家族にも迷惑をかけてしまうという話でした。

  

3校時は運動場に出て、実際に自転車に乗りました。

出発の仕方、信号機や一旦停止での安全確認の仕方、車が駐車しているときのよけ方などを、それぞれのポイントで教えていただきながら実際にやっていきました。

  

大切な自分の命を守るために、また加害者にならないために、今日教えていただいたルールをしっかり守り、安全に自転車に乗ってほしいです。