6年生は、姫路市教育委員会育成支援課と少年サポートセンターから講師として来ていただき、「薬物乱用防止教室」を行いました。

はじめに、少年サポートセンターの方から、タバコとアルコールの依存症について、教えてもらいました。

未成年が始める動機は、「好奇心や先輩・友人からの誘い」が多いそうです。

はじめは、「おいしくなく、気分が悪くなる」そうですが、「格好をつけたい、先輩や友人の手前、ニコチン中毒になった」という理由で続けてしまうそうです。

タバコの害として、「ニコチン、タール、一酸化炭素」があります。

ニコチンは、中毒性があり、子どもの方がより中毒になりやすいそうです。

タールは、肺を黒くし、ガンの原因になるそうです。

一酸化炭素は、血流を悪くし、最悪の場合、指先の壊死を引き起こすこともあるそうです。

タバコ以外にも、アルコールやシンナー、危険ドラッグの健康を脅かす害について、話してくれました。

対策として、誘われても「絶対ダメ」と断る勇気を持つことが大切です。