今日の1・2時間目に、3・4年生は田植えをしました。

連合自治会長さんをはじめ地域の皆様のご協力により、古知小学校の特色ある教育活動として、毎年、行っています。

まず始めに、こめ作りの歴史や米の長所についてお話していただきました。

米には、作りやすくたくさんできる、おいしくて栄養がある、保存ができる、という良さがあります。

1粒の米から、その何倍もの米がとれるそうです。

  

説明を受けた後、いよいよ田んぼに入っていきました。

「植えて」の合図とともに、子どもたちは1本1本苗を植えていきました。

     

しばらくすると、上手に植えられるようになってきました。

今日植えた米は、秋に稲刈りをして、11月の収穫祭でもちつきをして、みんなで食べる予定です。

秋の収穫が楽しみです。