今日の朝は、縦割りの8つの班に分かれての「なかよし班あそび」でした。

どろけい、ハンカチ落とし、王様取り、大繩、新聞たたみゲームなど、6年生が中心になって遊びました。

至急提出しなければいけないものがあり、取材には行けませんでした。

終わった後、下級生をまとめてがんばった6年生は、「ボール流し」を楽しみました。

  

2時間目の授業の様子をのぞいてみました。

1年生は算数で、足し算の勉強をしていました。

今までは、「あわせて」の足し算でしたが、今日は「ふえると」の足し算でした。

概念は少し違いますが、計算になると同じ足し算なので、子どもたちは「かんたん!」と言って取り組んでいました。

  

2年生も算数で、2位数+2位数の足し算の筆算の勉強をしていました。

3年生も算数で、3位数+3位数の足し算の筆算の勉強をしていました。

処理の仕方は同じなので、わかれば簡単です。

きれいに書くためには、ミニ定規をきちんと使うように指導しました。

 

4年生は国語で、ローマ字の勉強をしていました。

tiとchi、jiとzi、siとshiなど、表記の仕方が異なることがあるので、教える方も難しいです。

5年生は国語で、「世界でいちばんやかましい音」の勉強をしていました。

いよいよ最終局面です。

王子様の気持ちを考えながら、読み進めていました。

 

6年生は、算数の復習でした。

自分で練習問題をやり、自分で答え合わせもしっかりできていました。

ほんとうに落ち着いた学習態度で、しゃべらず黙々と練習に取り組んでいました。