気象警報発令時における児童の登下校について 

  気象警報が当地域に発令された場合は、児童の登下校の安全確保のため、当日の登下校について、以下の通りにいたします。荒天時には、気象情報に十分ご留意していただくとともに、各ご家庭でも的確に判断し緊急事態に対処してください。

姫路市

「大雨」 「洪水」 「暴風」 「暴風雪」 「大雪」

のいずれかの警報が発令されている場合

                

1 午前7時現在、または始業時までに警報発令中の場合は、臨時休業となります。その日は一日「家庭学習」としますので、登校させないでください。     

2 児童が登校後に警報が発令された場合は、校長の判断により、安全確保のため適切な措置をとります。その場合には、出迎えをお願いする場合があるかもしれませんが、よろしくご配慮願います。

3 その他

   ・大雨または洪水警報発令中及び解除後も河川の増水やがけ崩れなどの危険があります。子どもが屋外に出たり、危険な場所に近づいたりしないよう十分ご注意ください。

 

  中学校は、午前10時現在で解除されていたら午後の授業はありますが、小学校一日休みとなります。

  多くのテレビ局が播磨南西部という名称で報道されていますが、播磨南西部、兵庫県南部、兵庫県で判断せずに 姫路市』で判断してください。

   「ひめじ防災ネット」のメール機能を利用することで、いち早く緊急情報や避難情報を得ることができます。

  

緊急メール校区放送がなくても、下記の時間帯の『姫路市』の警報で判断してください】

     午前7時 ~ 始業時 (8:25)