サイコロを振って円周率を求めよう

日時:平成26年(2014年)8月4日(月)

場所:本校 視聴覚教室

講師:兵庫教育大学 教授 藤原 司 先生

 

 サイエンスキャリアコース69期1年生の特色ある授業の一環とし,兵庫教育大学教授の藤原先生にお越しいただき「サイコロを振って円周率を求める」をテーマに講義をしていただきました。

 モンテカルロ法と呼ばれる乱数を用いて確率を求め問題を解く方法を学びました。2つの乱数サイコロを振って座標に点をプロットするとういう簡単な作業から始まり,正方形の一辺を直径とする円内にある確率を求めます。そしてその結果が π (=3.14…) に近づいていくということを導きました。円周率とサイコロ、この関係のなさそうな二つを関連づけることで,新しい数学の見方に出会い,数学の深さと面白さを感じました。実験・データ処理・計算・考察と,授業の中だけでは取り組めないことに新鮮さを感じ,集中した学びができました。

 

  

 

〈感想より〉

 今回の講義を通して、数学をいろいろな視点でとらえることの楽しさを知り、更に数学という学問に深い興味を持つようになりました。