2014年度 第1回SCC公開講座

快適な住まい DE サイエンス

快適な住まいDEサイエンス

快適な住まいDEサイエンス [2147KB pdfファイル] 

日時

2014年6月21日(土) 13:30~15:30

場所

姫路市立姫路高等学校 本館4階 視聴覚室

講師

土川忠浩氏

兵庫県立大学環境人間学部教授(建築環境研究室)

 

 2014年度第1回は兵庫県立大学環境人間学部より土川先生をお招きし,体感温度から考える暖かく涼しい生活術をサイエンスしました。

 人の体への熱の伝わり方をサイエンスすることで,今の暮らしをより快適にできます。熱と温度の違い,熱の伝わり方などの「しくみ」(理論)を知り,家庭で簡単にできる快適さの「くふう」(応用)について学びました。

 たくさんの方にご来場いただき,誠にありがとうございました。

 

SCC生の感想

  • 熱にはいろいろな伝わり方があり,快適な生活を送るためにはその熱の伝わり方を利用することも1つだと思う。地球温暖化が進んで気温が上がっても,熱をうまく利用し快適に過ごせたらよいと思います。
  • 地球温暖化を防ぐには二酸化炭素を減らす,吸収することが大事だけど,それは単純だけど難しいことが分かった。自分たちがこれから快適に暮らしていくために節電などの取り組めるところから始めようと思った。
  • 普段自分たちが生活している中で熱がどのような動きをするのか,冷房とは?暖房とは?等自分たちが知らない,気づかないことを学ぶことができた。こういうことにもサイエンスが関わっているのにも驚いた。

 


 主催:姫路市立姫路高等学校サイエンスキャリアコース

共催:姫路市立姫路高等学校PTA