平成30年度第1回探究科学コース公開講座を開催しました。

今回は、姫路獨協大学医療保健学部理学療法学科の村上仁之 准教授による講義でした。

脳の各部位はどのような役割を果たしているのか、また、脳科学に基づいた実生活における脳の大切な働きについて、広く、そして深く学びました。

さらに、脳は、どのようにして目で見たものを再現しているのか、効率のいい記憶(勉強)方法や近年問題視されている歩きスマホの危険性などを、ユーモアを交えながら、楽しく話していただきました。


生徒の感想

・科学が進歩しても、脳については分かっていないことが多くあると聞いて驚きました。

・初めて脳機能について深く話を聞いたのでとても勉強になりました。これまで以上に興味を持ちました。

・効率のいい記憶方法を聞いたので、日ごろの勉強に活かしたいです。

・これまで、おすすめの勉強方法と違うことをしていたので、次のテストでは学んだことを試してみようと思う。

   
 

当日は公開講座に多数のご参加ありがとうございました。

本校では6月16日(土)の姫高祭(文化祭)2日目も公開しております。気軽にご来校いただき、本校生の活気あふれる様子を是非ご覧ください。

 ------------------------ ( 開催案内 )----------------------------------------------------- 

自分の中にある無限の可能性の扉を開こうー。

~「たのしいから、めっちゃがんばる」~

日時
 平成30年6月9日(土) 13:30~15:30(受付13:00~)

場所
 姫路市立姫路高等学校 視聴覚室(南館4F)

講師
 姫路獨協大学 医療保健学部 理学療法学科
准教授  村上 仁之 氏

テーマ

 ~脳機能って どうなっているの?~
脳はどうやって眼で見たものを再現しているのか?
効率のいい記憶(勉強)方法とは?
歩きスマホはなぜ危険なのか?

身近な題材をもとに、脳機能について楽しみながら考えていきます。

 


 ※事前のお申し込みは必要ございません。お気軽にお越しください。

(お問い合わせ) 姫路市立姫路高等学校 探究推進部