★★ Age X 5 Study運動 ★★ (家庭学習の習慣化)

☆ 目 的 ☆

   (1) 基礎的・基本的な学力の定着を目指す。

   (2) 目標時間を設定して、学習習慣の定着を図る。

 

◆◆  10 分 間 学 習  ◆◆   (基礎・基本の力の定着)

◇ 目 的 ◇

   (1) 繰り返し学習をなうことによって、学習に必要な基礎的・基本的な学力をつける。

   (2) 達成感を味わわせることによって学習意欲を高める。

   (3) 10分間集中して学習する習慣を身に付けさせることで、落ち着きや集中力を養う。 

 

 

   「読み・書き・計算」において、基礎・基本の力を定着を図るため、教育効果をさらに高める工夫をする。

  具体的取り組み

   

 
国語 言語事項   視写   音読
算数   計算   計算  

 

                ◎◎ 小中あいさつ運動 ◎◎   (基本的生活習慣の定着)    

   

花田小学校と花田中学校は一小一中の利点を生かし、月1回、小中学校の教師が一緒になって「あいさつ運動ののぼり」を掲げ、登校してくる小中学生と朝のあいさつを交わし、登校の様子を見守っています。

 

 ◎◎ クリーンアップ作戦 ◎◎   

 あいさつ運動の朝、登校班の集合場所でゴミ拾いをする運動を12月から実施しています。自分たちが使用させてもらっている場所を美しくするのは当然ですが、全校児童が一斉にゴミ拾いをすることに大きな意味があります。拾ったゴミは班長が小さな袋に集めて学校へ持参します。毎月、大型のゴミペールに満杯のゴミが集まります。自分たちが住む場所を自分たちで力を合わせ美しくする習慣を身につけ、美しい町づくりの一端を担う人に育ってくれることを期待しています。

 

◎◎ No!メディア・デーの推進 ◎◎

 目的はその日のテレビ・ビデオ(DVD)・ゲーム・パソコン・携帯電話・スマホ等の使用を止め、これまで以上に家族の時間を増やしたり、家庭学習の時間を延ばしたりすることにあります。

  

 

『No!メディア・デー』取組内容の参考例

メディアの削減目標の例 有意義な活動の例
①食事中と家庭学習中はテレビを消す

②テレビ・ゲームは1時間まで

③帰宅後はテレビ・ゲームを断つ

④1日中テレビ・ゲームを断つ

⑤その他、家族で決めた目標
・読書(親子・個人・読み聞かせ)

・手伝い(掃除・洗濯・料理など)

・物づくり(手芸など)

・創作(絵画・詩・俳句・短歌・川柳・書)

・自主学習(予習・復習・その他)

 各家庭の実情に合わせ、「これならできそう!」と思える目標を設定することが大事です。