小学校の児童の皆さん

保護者の皆様

              ★★スクールカウンセラー通信★★

こんにちは。スクールカウンセラーの三谷です。

この度、学校が臨時休校になり、急な状況の変化のため、色んな思いを抱えておられると思います。

心から、お見舞い申し上げます。

 

今回の事態に対して、学校の先生方は、毎日、様々な対応に追われています。

そして、スクールカウンセラーとしても、微力ながら、皆さんの不安やつらい思いが、少しでも軽くなれば、という思いで、この、お便りを発信させて頂きます。

 

さて、今回、発生した新型のコロナウイルスは、私たち人間にとって、全く経験がなく、専門家の間でもまだ詳しく判らないことが多いため、日本全国の人が、恐れています。

 

ですが、専門家の研究で、新型コロナウイルスのことが段々とわかってくるにつれ、治療薬やワクチンが開発され、皆さんが余計な心配を抱えることもなくなり、うまく対応することができるようになると思います。

 

ですので、それまでの間、不安で、窮屈で、たまらなくなることがあるかもしれませんが、そんなときは、これから、お伝えすることを、考えてみたり、実際に、リラクゼーション(リラックス)をしてみてください。

 

〇心のカラクリについて

最近、怒りっぽくなったり、家族とのけんかが増えたりしていませんか?

人は、不満や悲しみ、不安や葛藤(対立する2つの気持ちの間で心が揺れること)があると、イライラや怒りという感情が出てくることがあります。

 

そんなときは、心を落ち着けるようなことを、何でもいいので、してみましょう。

●腹の立つことを日記に書いて、読み返す。(先生やカウンセラー宛に手紙で愚痴を書くのもいい方法です)

●懐かしい写真やアルバムをながめたり、好きな本を読んだり、好きな音楽を聞く。

●部屋で窓を開けて深呼吸をしたり、腕をグルグル回したりして体を動かしてみる。

 

〇人の物の見方を知る。「認知」と呼んでいます。

心理学で有名な「ルビンの壺」の絵を見てください。

 

 

この絵は、何に見えますか?

 

真ん中の白い部分をながめると、壺やカップに見えますね。

でも、左右の黒い部分をながめると、2人の顔が向き合っているように見えます。

 

同じものを見ていても、どこにこだわって見るか、によって、全く違ったものに見えますね。

 

このように、人によって、感じ方が異なっていることが多いため、けんかになったりすることがあります。なので、自分と違う意見の人の話を、とことん、聞いてみると、新しい発見があるかもしれません。

 

このことを、出来たら、ご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか?

けんかの仲直りもできるかもしれまえせん。

 

さて、短いお便りでしたが、また、4月から、皆さんが、また、元気に登校できることを、心から願っています。

 

☆おまけ…マスクが無くて困っている人がいたら、とりあえずマスクの代わりとして、クッキングシートや大き目のハンカチを細長く折りたたんで、両端にゴムを引っかけて、両端を内側(口に当たる側)に折りたたんだら、簡単にクッキングシートマスク・ハンカチマスクを作ることもできます。ゴムは100均のを切ってくくって使います。よく手を洗ってから作ってね。

自分のハンカチの絵柄なら、気分よく使えるかもしれません。必要な人は試してみてね。(^^)